前に知り合いのヨガの講師が言っていた”あなたは誰かの光です”という言葉はけっこう好きです。筆文字の描き下ろしなどをしていたことがあるので、前に一度作品にしていたら売れました。写真を撮っておいたのでなんどかSNSで挙げていたのですが、あれからだいぶ時間が経ったので久しぶりにまた描いてみました。パステルの絵も添えて描くとなかなかいい感じになりました。周りにスピリチュアル系の方も多く、何かというと”メッセージが降りてきた”とか”エネルギーが、光が、愛が”と聞こえてきますが、正直聞き飽きてきちゃいました。もちろん、不思議な世界や大いなる存在は否定しませんが。ただ自分たちだけが特別だと思っているから騒ぐと思うんですよね。追ってばかりいないでもっと現実に目を向けたら?とも思っちゃいます。ただいちいち持論を説いても仕方がないし、無駄な敵を作っても仕方がないとも思うので言いませんが。せめて反論代わりに自分の意見をたまに言おうと思って筆文字にしています。筆文字にすると短い言葉で言えるのも気に入っています。誰かが言っていましたが、基本的に人は他人の長文には興味がないそうです。たしかにわたしも長文のSNSの文章はスルーします。読みたい内容か興味を持っているひとの文章しか読まないんですよね。でも短い文で読みやすければ次に目を通す可能性はあるので、自分が発信する側の時はその辺りを注意しています。読みなおしたの?という文章を上げておられる方を見かけますが、溢れたままの想いを乗せるのもいいかもしれませんが自己満足と紙一重と踏まえたうえでするべきだと思います。もしくは自分のファンクラブ的なコミュニティーで発表して欲しいです。あとスピリチュアルなひとたちはちょっとかん違いしているとも思います。よく”なんちゃらヒーラー”と肩書を作っておられますが、不思議メッセージで人が癒されるわけではないと思うからです。不思議なメッセージが降りて来るだけなら、単にサイキックなだけですし。あと癒しって言う言葉もどうかと思います。傷ついていることが前提になっているからです。被害者意識でいると傷も治りににくいそうなのでその辺りも知ったうえで人を導いてあげて欲しいです。

スピリチュアルとは?意味・使い方・サイン・覚醒や統合・学ぶ&体験する方法