最近、いろんなところで成長・成長という単語が多くて飽き飽きする。私はただただ仕事をしてお金を貰えればそれでよいし、特段出世もしたくない。管理職になって高額な年収を貰うことを目指してもいないし、今の仕事は楽しいこともあるがめんどくさいことのほうが多いのも事実。成長するためには仕事以外の時間を使って自分の能力を上げないといけない。仕事をしたくないのにそんなことに時間を費やしたくないのが私の本性なのだ。
そもそも自分磨きを仕事から帰ってまでやらないといけない世の中だったのだろうか?私の父や母が家で勉強をしているのを見たことがない(気がする)。覚えている姿は常にビールを飲んでいる姿だ。帰ってきてビール、土日はお昼からビール。そんな姿を見ていたから社会人になったらそんな生活を送れるものだとばかり思っていた。実際、そこそこの大企業にも入社できたし、そこそこの給料をもらっているのは間違いない。だけども、考えていた大人よりも非常に大変なのだ。成長を求められる。周りから、世間から成長を促される。仕事しているだけでも十分じゃないか。
私は会社では評価がいい(と思っている)。実際、成績の評価はここ最近は100点相当の評価をいただいており、出世も同期よりも少しだが早い。いや、たまたま評価されやすい環境なのだっただけなのだけども。でも私自身、特段何かが優れているわけではない。人と話をして、スケジュールに遅れが無いようにそれぞれのタスクを管理して、人に怒られながら、仕事を進めているだけだ。非常にめんどくさい。それが非常にストレスなのだ。頭もいいわけじゃない、数学も物理も苦手で、結構この仕事はミスったなと思うことは多い。私はもともと目指していた教師になるべきだったのかもしれない。
そんな私だが、何とか社会人をやっている。怒られながら、いやだなーと思いながら社会人をやっている。よくやっていると自分でも思う。明日も会社に行くのだが、この文章を書いていて少し心が晴れた。あー7億円降ってこないか。